• アカメアマガエル
    カメラを見つめるアカメアマガエル。米カンザス州マンハッタンのサンセット動物園で撮影。鮮やかな赤い目は、たとえ一瞬でも捕食者を驚かせ、躊躇させるためのものだと考えられている。(PHOTOGRAPH BY JOEL SARTORE, NATIONAL GEOGRAPHIC PHOTO ARK)

  • ラオットブッシュフロッグ
    近絶滅種に指定されているラオットブッシュフロッグ。米ペンシルベニア州のフィラデルフィア動物園で撮影。ハイチ原産のこのカエルは、急速に進む森林伐採のため、生息地を追われている。(PHOTOGRAPH BY JOEL SARTORE, NATIONAL GEOGRAPHIC PHOTO ARK)

  • コバルトヤドクガエル
    2匹のコバルトヤドクガエル。米サウスダコタ州の動物園、レプタイル・ガーデンズで撮影。捕食者を避けるため、皮膚から猛毒を出す。(PHOTOGRAPH BY JOEL SARTORE, NATIONAL GEOGRAPHIC PHOTO ARK)

  • マルメタピオカガエル
    「カバのようなカエル」とも呼ばれることがあるマルメタピオカガエルは、ペットとして人気だ。米ジョージア州のアトランタ動物園で撮影。(PHOTOGRAPH BY JOEL SARTORE, NATIONAL GEOGRAPHIC PHOTO ARK)

  • ミツヅノコノハガエル
    米テネシー州ノックスビルのスタジオで撮影したミツヅノコノハガエル。外見は木の葉にそっくり。(PHOTOGRAPH BY JOEL SARTORE, NATIONAL GEOGRAPHIC PHOTO ARK)

  • ハイユウヤドクガエル
    ハイユウヤドクガエルは、生息地によって色が異なる。写真の個体は、コロンビアのカリ動物園で撮影したもの。(PHOTOGRAPH BY JOEL SARTORE, NATIONAL GEOGRAPHIC PHOTO ARK)

  • セマダラヤドクガエル
    小柄なヤドクガエルの一種。ペルーのワジャガ川上流地域に生息する。(PHOTOGRAPH BY JOEL SARTORE, NATIONAL GEOGRAPHIC PHOTO ARK)

  • アズレイベントリスヤドクガエル
    ペルーのみに生息するこのカエルは、国際自然保護連合(IUCN)によって絶滅危惧種に指定されている。開発によって生息地が減少しており、現在では5000平方キロほどの地域でしか見られない。(PHOTOGRAPH BY JOEL SARTORE, NATIONAL GEOGRAPHIC PHOTO ARK)

  • インドネシアキガエル
    東南アジア全域に広く分布しているが、急速な森林の喪失によって減少しており、IUCNによって近危急種に指定された。米テネシー州ノックスビルで撮影。(PHOTOGRAPH BY JOEL SARTORE, NATIONAL GEOGRAPHIC PHOTO ARK)

  • マネシヤドクガエル
    アマゾンに生息するマネシヤドクガエルは、不思議な生態をもっている。卵が孵化すると、オスは背中にオタマジャクシを乗せ、水がたまったアナナスの筒に運ぶ。両親は定期的にこの飼育場に戻ってきて、一人前のカエルになるまで面倒を見る。メスは卵を産んでオタマジャクシに食べさせる。(PHOTOGRAPH BY JOEL SARTORE, NATIONAL GEOGRAPHIC PHOTO ARK)