ティラノサウルスやトリケラトプスといった名前を聞いて、わたしたちがすぐにその姿を思い浮かべられるというのは、ちょっとした奇跡だ。何しろこうした恐竜たちが地上を歩いていたのは、6600万年以上も昔のことなのである。

 そんな奇跡を可能にしているのが、太古の動物をできる限り忠実に再現する古生物アート。展覧会から12点を紹介する。

文=JOHN PICKRELL/訳=北村京子