• ワナカ湖の孤独な木:ニュージーランド、ワナカ
    まるで湖の底から生えてきたようなヤナギの木。マウント・アスパイアリング国立公園の端に位置するワナカ湖を訪れた人は、必ずこの孤独な木に目を奪われる。(PHOTOGRAPH BY MARTIN VALIGURSKY, ALAMY)

  • ボアブ・プリズン・ツリー:オーストラリア、ダービー
    太い瓶のような形の幹が目を引くボアブ・プリズン・ツリー。幹の内側は空洞になっていて、かつては刑務所として使われているといううわさがあった。(PHOTOGRAPH BY DIANE COOK AND LEN JENSHEL, NAT GEO IMAGE COLLECTION)

  • パンド:米国ユタ州、フィッシュレイク国有林
    アメリカヤマナラシの森のように見えるが、実は1つの有機体だ。遺伝子的にまったく同じ4万7000本の幹で構成されるこの植物は、「パンド」または「震える巨人」という愛称で呼ばれている。(PHOTOGRAPH BY DIANE COOK AND LEN JENSHEL, NAT GEO IMAGE COLLECTION)

  • カラロックの木の洞窟:米国ワシントン州、オリンピック国立公園
    浸食された渓谷に根を張る大木。まるで必死に持ちこたえているようだ。(PHOTOGRAPH BY MARTIN KONOPACKI, ALAMY)

  • タ・プローム:カンボジア、シェムリアップ
    カンボジアの寺院の多くはその建造物を誇りにしているが、ジャングルに囲まれたタ・プローム寺院は、ガジュマルに主役の座を譲っている。(PHOTOGRAPH BY ROBERT CLARK, NAT GEO IMAGE COLLECTION)

  • ニュートンのリンゴの木:英国リンカンシャー
    アイザック・ニュートン卿の自宅のそばに立つリンゴの木。ニュートンは、この木から落ちたリンゴを見て、万有引力の法則を思いついたとされている。(PHOTOGRAPH BY PAOLO WOODS, NAT GEO IMAGE COLLECTION)

  • ル・シェン・シャペル:フランス、アルビル=ベルフォス
    ノルマンディーの農村で1000年近く聖地を見守ってきたオークの木。ねじれた幹の空洞部分には、2つの礼拝堂が作られている。(PHOTOGRAPH BY HERVÉ LENAIN, ALAMY)

  • コットンツリー:シエラレオネ、フリータウン
    にぎやかな旧市街の真ん中に立つ、巨大なコットンツリーと呼ばれる木。後にシエラレオネの首都となったこの街が建設されたときから、待ち合わせの場所として使われている。(PHOTOGRAPH BY AURELIE MARRIER D'UNIENVILLE, ALAMY)

  • エンジェル・オーク:米国サウスカロライナ州、チャールストン
    ジョンズ島のエンジェル・オークは、約1600平方メートルもの広大な木陰を提供してくれる。(PHOTOGRAPH BY GLENN NAGEL, ALAMY)

  • スリー・マハー菩提樹:スリランカ、アヌラーダプラ
    マハメウナ庭園のスリー・マハー・菩提樹はインド、ブッダガヤの菩提樹の南枝を植樹したものと考えられている。ブッダは、ブッダガヤの菩提樹の下で悟りを開いたとされる。(PHOTOGRAPH BY MANFRED THÜRIG, ALAMY)