• 現在のスウェーデン南部で7000年前に亡くなった女性。遺骨とDNAと埋葬時の様子を基に復元した。(PHOTOGRAPH BY GERT GERMERAAD, TRELLEBORGS MUSEUM)

  • 考古学者によると、女性は座ったままの形で埋葬されていた。ベルトにはシカ、イノシシ、ヘラジカの歯が使われ、ケープはカラス、カササギ、カモメ、カケス、ガン、カモの羽根でできていた。(PHOTOGRAPH BY GERT GERMERAAD, TRELLEBORGS MUSEUM)

  • 9000年前のギリシャに生きていた18歳の女性。数千年をかけて人間の顔つきは「やわらかく」なり、現代人は昔ほど男性的ではなくなったと、考古学者で復元彫刻家のオスカー・ニルソン氏は語る。(PHOTOGRAPH BY OSCAR NILSSON)

  • ペルーの町ウアルメイで発掘された1200年前の遺骨を基にして復元された「ウアルメイの女王」。オスカー・ニルソン氏が完成までに220時間かかったという。(PHOTOGRAPH BY OSCAR NILSSON)

  • 1300年前、スイス北部に住んでいたアデラシウス・エバルチュス。10代後半から20代前半に死亡したと考えられる。(PHOTOGRAPH BY OSCAR NILSSON)

  • 古代ローマの支配下にあった1700年前の英ブリテン島に生きていた女性。死亡時の推定年齢は25~35歳。(COURTESY ROYAL PAVILION & MUSEUMS, BRIGHTON & HOVE)

  • ローマ人が去った後に押し寄せたサクソン人の第一波とともにブリテン島へ渡り、1500年前にやりと刀と一緒に埋葬された男性。死亡時の年齢は45歳以上。(COURTESY ROYAL PAVILION & MUSEUMS, BRIGHTON & HOVE)

  • ヨーロッパで発見された4万年前のネアンデルタール人の女性。(COURTESY ROYAL PAVILION & MUSEUMS, BRIGHTON & HOVE)

  • 4400年前にユーラシア大陸からブリテン島へ大量に押し寄せた農民集団の第一波に属していた男性。彼らは広口で独特な形をしたビーカー式土器を作っていたことから、ビーカー人と呼ばれている。死亡時の年齢は25~35歳。(COURTESY ROYAL PAVILION & MUSEUMS, BRIGHTON & HOVE)

この写真の記事

7000年前のスウェーデンの特別な女性や9000年前のギリシャの18歳の女性など、考古学者であり彫刻家でもあるオスカー・ニルソン氏らが科学的なデータをもとに復元した人々の顔や姿を紹介する。

文=Kristin Romey/訳=ルーバー荒井ハンナ

おすすめ関連書籍

古代史マップ

世界を変えた帝国と文明の興亡

古代エジプト、共和制ローマ、漢などの世界を変えた強国から、カルタゴ、クレタ、オルメカなどの謎が残る文明まで、古代世界の勢力の変遷や時間の流れを視覚的に理解できる!

定価:本体1,400円+税