約7000年前の最古のミイラが多数出土しているチリのアタカマ砂漠にある関連遺跡が2021年、世界遺産に登録された。気候変動で劣化が進むミイラの保護に期待が高まっている。

文=MARK JOHANSON/訳=米井香織