• サン・ペトロニーオ聖堂から見下ろすボローニャの中央広場マッジョーレ広場。(PHOTOGRAPH BY CATHRINE STUKHARD, LAIF/REDUX)

  • 自転車や歩行者が行き交うボルツァーノの市街地。(PHOTOGRAPHS BY HEIKO MEYER, LAIF/REDUX)

  • ボルツァーノ郊外のE5パスを歩くハイカー。E5パスはフランスのラ岬からイタリアのベローナまで続く全長3000キロ超の小道だ。(PHOTOGRAPHS BY HEIKO MEYER, LAIF/REDUX)

  • モーレ・アントネリアーナと同じくらいの高さを飛ぶ気球。トリノのモーレ・アントネリアーナはかつて、ヨーロッパで最も高いれんが造りの建物だった。(PHOTOGRAPH BY ALEXANDER POHL, NURPHOTO/GETTY IMAGES)

  • 石灰岩でできたバロック様式の大聖堂。レッツェには、フィレンツェを連想させる建造物がいくつもある。(PHOTOGRAPHS BY ROBERT HARDING PICTURE LIBRARY, NAT GEO IMAGE)

  • レッツェの中心部にあるローマ時代の円形闘技場。現在もパフォーマンスが行われている。(PHOTOGRAPHS BY ROBERT HARDING PICTURE LIBRARY, NAT GEO IMAGE)

  • ボローニャの旧市街地を貫くクラバトゥーレ通り。この通りのポルチコは世界的に有名だ。(PHOTOGRAPH BY ROBERT HARDING PICTURE LIBRARY, NAT GEO IMAGE)

  • ノルマンからゴシック、ムーアまで、パレルモの大聖堂にはさまざまな建築様式が取り入れられている。(PHOTOGRAPH BY MEL LONGHURST, CAMERA PRESS/REDUX )

  • パレルモの市場で農産物を選ぶ買い物客。(PHOTOGRAPH BY ANDREW PEACOCK, GETTY IMAGES )

この写真の記事

 憧れの観光名所は人気なだけに、実際に訪れてみると人混みで押されたり、肘で突かれたりと、不快な経験をしてしまうこともしばしば。

 イタリアで言えば、ベネチア、ローマ、フィレンツェは、いつも観光客であふれている観光地だろう。しかし、イタリアにはほかにも、新たな発見を約束してくれる都市がたくさんある。旅行者が比較的少なく、十分に満足できる都市だ。

 ここで紹介する5つの都市を訪れたことがないなら、次にイタリアを旅するときに、ぜひ立ち寄ってみてほしい。

おすすめ関連書籍

新生バチカン 教皇フランシスコの挑戦 増補改訂版

教皇の日々の行動の感動的な写真やバチカン宮殿内部の貴重な写真を通して、改革を目指す教皇の理念と知られざる素顔を明らかにする。初版発行時以降の教皇の行動録や発言録などを増補として収録。

定価:本体2,800円+税