• エレイン・フィールズの夫エディーは、新型コロナウイルス感染症の合併症で2020年4月にデトロイトで死亡した。(PHOTOGRAPH BY WAYNE LAWRENCE)

  • デトロイトのイスラム神秘主義の指導者サリーム・ジョセフはウイルスに感染して入院していたが、その後、腎不全で死亡。死を悼む息子のユスフ(白い衣服)と孫のフムザ。(PHOTOGRAPH BY WAYNE LAWRENCE)

  • ルイジアナ州では、人口の3分の1が黒人だが、新型コロナウイルスによる死者の割合では3分の2を占めた。
    35歳で死亡したマーシャ・チェイニーが住んでいたグリーンズバーグで、葬儀が終わった後、弟のデリックが婚約者と撮影に応じてくれた。(PHOTOGRAPH BY WAYNE LAWRENCE)

  • ルイジアナ州では、人口の3分の1が黒人だが、新型コロナウイルスによる死者の割合では3分の2を占めた。
    セント・ジョン・ザ・バプテスト郡にある教会のアントワン・ジャスマン牧師。彼の両親は4月、新型コロナウイルス感染症によって数時間の差で相次いで世を去った。(PHOTOGRAPH BY WAYNE LAWRENCE)

  • デトロイトのビバ・アダムスが、娘のマリア・ウィリアムスと孫のジアと一緒に写る。母親のエレイン・ヘッドは今春、新型コロナウイルス感染症の合併症で70年の生涯を閉じた。「健康ならば、まだ比較的若いと言える年齢です」とアダムスは言う。(PHOTOGRAPH BY WAYNE LAWRENCE)

ここから先は、「ナショナル ジオグラフィック日本版」の定期購読者*のみ、ご利用いただけます。

*定期購読者:年間購読、電子版月ぎめ、日経読者割引サービスをご利用中の方になります。

おすすめ関連書籍

2020年11月号

【世界の現場から】逼迫の医療現場:ベルギー/一変する暮らし:インドネシア/都市封鎖の傷痕:ヨルダン/貧困地区の危機:ケニア/偏った命の重さ:米国、【世界はこう変わる】それでも科学を信じる/地球を守るチャンスに/パンデミックで試される人間性

11月号はまるごと一冊「新型コロナで変わる世界」。私たちの暮らしを一変させた新型コロナウイルス。混乱が続く世界各地の状況を写真やグラフィック、エッセイで伝えます。

定価:1,210円(税込)