米国の国立公園を訪れるなら、秋はオススメの季節だ。夏の混雑は落ち着いて、訪れる人は半分に減り、冬越えの準備をする野生動物は活動的だ。そして、なによりも、晩秋ともなれば、色鮮やかな紅葉が景色を一変させ、はかなくも光り輝く景色を楽しめる。

 世界の各地で紅葉は人を魅了して離さない。でも、北米の鮮やかな赤の色合いは格別と言っていい。なぜか? ある科学者によると、その理由はこうだ。

 古代の氷河期、北米では山脈が南北に走っていたおかげで、木々や動物たちが迫り来る氷河から逃げ延びた。逃げ延びた動物の中には、当然、昆虫も含まれる。この昆虫から身を守るために、木々は深い赤い色になるように進化したというのだ(赤い色素は、木にとっての害虫を寄せ付けにくいことがわかっている)。一方、東西に山脈が走るヨーロッパなどでは、南北への広がりが妨げられたせいで、多くの木々が絶滅したという。

 木々の葉が紅葉する理由が何であれ、米国の紅葉の光景は壮観そのものだ。バージニア州の道路スカイライン・ドライブからアラスカ州の道なき荒野まで、さっそく国立公園の秋の絶景を紹介しよう。

文=ERICA JACKSON CURRAN/訳=牧野建志

予想を裏切る、驚きの瞬間! 

ここでしか味わえない 非日常の世界!

めったに見られない光景の数々。都市を飲み込む砂塵のような自然現象から、ロボットを思わせる曲芸師のワザのような人間の驚異まで。 どのページにも、驚きと喜びが詰まっていて、刺激を与えてくれる。永久保存版の写真集。