• ケニアの首都ナイロビの不安が渦巻く夕暮れ。学校の閉鎖、国際線の運航禁止、夜間の外出禁止など、政府が広範囲にわたる感染予防策を発表し始めた3月、多くの人々が密集して暮らすキベラ地区で、住民たちが雨宿りできる場所へと足早に向かう。(PHOTOGRAPH BY NICHOLE SOBECKI)

  • キベラの自宅で過ごす「フットワックス」ことミュージシャンのダニエル・オウィノ・オコと4歳の息子ジュリアン・オースティン。二人でフットワックスの曲『感染予防したかい?』を演奏する。地元の方言シェンを使った覚えやすい歌で、パンデミックのなか、自分や周囲の人たちの身を守るよう訴える。(PHOTOGRAPH BY NICHOLE SOBECKI)

  • チームのロゴが入った防護服を着て消毒作業のボランティアをする、ンガンド・ユース・スポーツ連合のサッカー選手たち。新型コロナウイルス感染症の流行により、数カ月にわたって試合や練習の機会を失った。(PHOTOGRAPH BY NICHOLE SOBECKI)

  • ナイロビのアパートの屋上でゴルフの練習をする外出自粛中の父と息子。いつも利用していた会員制のゴルフ場ムサイガ・カントリークラブは、「国の安全を守るため」として今年の春から一時的に閉鎖していた。(PHOTOGRAPH BY NICHOLE SOBECKI)

  • 多くの都市と同じく、ナイロビは貧富の差が大きい。立派な家が立ち並ぶ郊外でレッスンを行うヨガ・インストラクターのオリアン・トロード。新型コロナウイルスの感染予防のため、主にオンラインで指導しているが、まだ直接習いに来る生徒もいる。(PHOTOGRAPH BY NICHOLE SOBECKI)

ここから先は、「ナショナル ジオグラフィック日本版」の定期購読者(月ぎめ/年間のみ、ご利用いただけます。

定期購読者(月ぎめ/年間)であれば、

  • 1 最新号に加えて2013年3月号以降のバックナンバーをいつでも読める
  • 2ナショジオ日本版サイトの
    限定記事を、すべて読める

おすすめ関連書籍

2020年11月号

【世界の現場から】逼迫の医療現場:ベルギー/一変する暮らし:インドネシア/都市封鎖の傷痕:ヨルダン/貧困地区の危機:ケニア/偏った命の重さ:米国、【世界はこう変わる】それでも科学を信じる/地球を守るチャンスに/パンデミックで試される人間性

11月号はまるごと一冊「新型コロナで変わる世界」。私たちの暮らしを一変させた新型コロナウイルス。混乱が続く世界各地の状況を写真やグラフィック、エッセイで伝えます。

定価:本体1,100円+税