• ボツワナのマシュアツ・ゲーム・リザーブで目覚めるヒョウのマソジャ。「ヤング・ワイルドライフ・フォトグラファー・オブ・ザ・イヤー」に選ばれた16歳の写真家スカイ・ミーカー君の作品。(PHOTOGRAPH BY SKYE MEAKER, WILDLIFE PHOTOGRAPHER OF THE YEAR)

  • 中国に生息する絶滅危惧種のキンシコウ。大賞に輝いたオランダの写真家マルセル・ファン・オーステン氏の作品。(PHOTOGRAPH BY MARSEL VAN OOSTEN, WILDLIFE PHOTOGRAPHER OF THE YEAR)

  • 南極の小さな浮氷に横たわるカニクイアザラシたち。「自然環境に暮らす動物」部門の最優秀賞に輝いたクリストバル・セラーノ氏の作品。この写真はドローンで撮影したものだが、セラーノ氏は海が穏やかになるまでゴムボートで待機しなければならなかった。(PHOTOGRAPH BY CRISTOBAL SERRANO, WILDLIFE PHOTOGRAPHER OF THE YEAR)

  • オオサンショウウオの一種ヘルベンダーに捕らえられたノーザンウォータースネーク。「両生類爬虫類」部門の最優秀賞に輝いたデイビッド・ヘラシミットシュク氏の作品だ。オオサンショウウオは、ヘビが頭を締めつけてきたため、かみ直そうと口を開けたところヘビを逃がしてしまったと、ヘラシミットシュク氏は振り返っている。(PHOTOGRAPH BY DAVID HERASIMTSCHUK, WILDLIFE PHOTOGRAPHER OF THE YEAR)

  • ガラパゴス諸島の北部に浮かぶウォルフ島で、ガラパゴスフィンチがナスカカツオドリの羽根に付いた血をついばんでいる。「鳥類」部門の最優秀賞に輝いたナショナル ジオグラフィックの写真家トマス・ペシャック氏の作品。ガラパゴスフィンチは主に種子や昆虫を食べるが、これらは常に入手するのは難しいため、カツオドリの血で補うこともある。それにしても、カツオドリは全く気にしていないようだと、ペシャック氏は驚きをあらわにした。(PHOTOGRAPH BY THOMAS P. PESCHAK, WILDLIFE PHOTOGRAPHER OF THE YEAR)

  • 西オーストラリア州で撮影されたアナバチ科のハチ。「無脊椎動物」部門の最優秀賞に輝いたジョージナ・ステイトラー氏の作品。写真の個体はいずれも雌で、泥を丸めて巣に持ち帰り、卵を産みつける。泥のボールは1カ所に集められ、大きな泥の塊がつくられる。(PHOTOGRAPH BY GEORGINA STEYTLER, WILDLIFE PHOTOGRAPHER OF THE YEAR)

  • ウガンダに暮らすマウンテンゴリラの若い雌クヒルワ。「哺乳類」部門の最優秀賞に輝いたリカルド・ヌニェス・モンテロ氏の作品。クヒルワが見つめているのは死んだ赤ん坊。ガイドたちによれば、悪天候の中で出産したため、赤ん坊は凍死した可能性が高いという。クヒルワはしばらくの間、死んだ赤ん坊を抱きしめ、毛繕いし、背中に乗せて運んでいた。そして数週間後、死体を食べ始めた。過去にこのような行動を目撃したのは1度だけだと、ガイドたちは話している。(PHOTOGRAPH BY RICARDO NÚÑEZ MONTERO, WILDLIFE PHOTOGRAPHER OF THE YEAR)

  • ナミブ砂漠に自生するウェルウィッチア。「植物菌類」部門の最優秀賞に輝いたナショナル ジオグラフィックのエクスプローラー、ジェン・ガイトン氏の作品。ウェルウィッチアの寿命は非常に長く、1000年を超えることもある。(PHOTOGRAPH BY JEN GUYTON, WILDLIFE PHOTOGRAPHER OF THE YEAR)

  • フロリダ州パームビーチの海を泳ぐトビウオ。「水中」部門の最優秀賞に輝いたマイケル・パトリック・オニール氏の作品で、「ナイト・フライト」というタイトルが付けられている。昼間のトビウオは危険を察知すると素早く逃げるが、夜はゆったりプランクトンを食べている。オニール氏は夜のトビウオに近づき、この写真を撮影した。(PHOTOGRAPH BY MICHAEL PATRICK O’NEILL, WILDLIFE PHOTOGRAPHER OF THE YEAR)

  • イタリア、アブルッツォ・ラツィオ・モリーゼ国立公園内の村を横切る絶滅危惧種のマルシカヒグマ。「都市に暮らす野生生物」部門の最優秀賞に輝いたマルコ・コロンボ氏の作品。(PHOTOGRAPH BY MARCO COLOMBO, WILDLIFE PHOTOGRAPHER OF THE YEAR)

おすすめ関連書籍

世界一の動物写真

イギリスで50年続く、世界最高峰の写真賞「Wildlife Photographer of the Year」。その受賞作の中から、163枚を厳選して掲載した写真集。

定価:3,960円(税込)