• カザフスタン東部セメイ市のアパートで母親と同居する、ベリク・シズディコフ氏(38歳)。母親が妊娠中に、セミパラチンスク核実験場での核実験による放射線にさらされたことが原因で、先天的な欠損をもって生まれた。彼は目が見えず、顔の膨張を抑えるための手術をこれまで複数回受けている。(PHOTOGRAPH BY PHIL HATCHER-MOORE)

  • セメイ市のはずれの寒風吹きすさぶ道を歩く兵士たち。(PHOTOGRAPH BY PHIL HATCHER-MOORE)

  • カザフスタン、クルシャトフにある元KGB(ソ連国家保安委員会)のビル内。(PHOTOGRAPH BY PHIL HATCHER-MOORE)

  • セメイ市のアリジャン・イマンバエフ君は、てんかんと学習障害を患っている。(PHOTOGRAPH BY PHIL HATCHER-MOORE)

  • セメイ市の国立医科大学で実験用のラットを観察する、研究所職員のアイマン・ノルガジノヴァ氏(49歳)。同研究所では、放射線がラットの内臓に与える影響を調べている。(PHOTOGRAPH BY PHIL HATCHER-MOORE)

  • カザフスタン、クルチャトフ市の廃墟と化した団地のそばを歩く家族。この町の人口は現在、核実験終了時の半分だ。(PHOTOGRAPH BY PHIL HATCHER-MOORE )

  • クルチャトフ市にあるセミパラチンスク核実験場博物館の壁に貼られた、核爆発のキノコ雲を写した写真。(PHOTOGRAPH BY PHIL HATCHER-MOORE)

  • カザフスタン東部のシャカマン村で母親と兄弟たちと暮らすズルフィヤ・トゥンクシゴジネ氏(35歳)は、生まれつき脳性まひがあり、セミパラチンスク実験場で行われた核実験が原因だとの診断を受けている。彼女の母親は1962年まで核実験場に近いサリザルに住んでいた。(PHOTOGRAPH BY PHIL HATCHER-MOORE)

  • クルチャトフの南でヤギとヒツジを放牧するカズベク・カシモフ氏(60歳)。一帯では1949年から1989年までの間に456回の核実験が行われ、場所によっては今も強い放射能汚染が残る。(PHOTOGRAPH BY PHIL HATCHER-MOORE)

  • アヤゴズ市の子ども特別社会福祉センターの病室でカナト・ラヒモフ君(15歳)と遊ぶ看護師のマルジャン・カセノヴァ氏。カナト君は脳性まひを持って生まれた。(PHOTOGRAPH BY PHIL HATCHER-MOORE)