• 古代から伝わる正教会の聖体礼儀や図像は、ウクライナとロシア双方の歴史とアイデンティティにとって不可欠だ。(PHOTOGRAPH BY BRENDAN HOFFMAN)

  • ウクライナ正教会を揺るがす混乱の中、数百年前から変わらない古来の儀式は続く。キエフ・ペチェールシク大修道院の命の泉教会では、フィリップ司祭によって結婚式が執り行われている。(PHOTOGRAPH BY BRENDAN HOFFMAN)

  • キエフ・ペチェールシク大修道院の聖アントニオ・聖テオドシウス食堂教会で、日曜の聖体礼儀に出席する信徒たち。礼拝に通うウクライナ人は、人口のわずか12%だ。(PHOTOGRAPH BY BRENDAN HOFFMAN)

  • きらびやかな礼服に身を包んだ司祭たちが、礼拝の最中、ついたてで信徒と隔てられた場所で福音を読む準備をしている。(PHOTOGRAPH BY BRENDAN HOFFMAN)

  • ウクライナ正教会の中心であるキエフ・ペチェールシク大修道院は、生神女就寝大聖堂(左)、聖アントニオ・聖テオドシウス食堂教会(右)などから成る。(PHOTOGRAPH BY BRENDAN HOFFMAN)

  • 結婚式を執り行うフィリップ司祭。正教会の儀式にはイコンが欠かせない。(PHOTOGRAPH BY BRENDAN HOFFMAN)

  • キエフ・ペチェールシク大修道院の命の泉教会で、3カ月の赤ん坊に洗礼を施すイリヤ司祭。(PHOTOGRAPH BY BRENDAN HOFFMAN)

  • キエフ・ペチェールシク大修道院の大鐘楼の中で鐘の音を聞く人々。(PHOTOGRAPH BY BRENDAN HOFFMAN)

  • キエフ・ペチェールシク大修道院は、100人以上の修道士が暮らす現役の修道院を擁する。写真は、食事のため列をなして食堂に向かう修道士たち。(PHOTOGRAPH BY BRENDAN HOFFMAN)

  • 古くからの伝統に従い、正教会の修道士は、ひげを長く伸ばして黒い祭服を身に着ける。(PHOTOGRAPH BY BRENDAN HOFFMAN)