• 16世紀に書かれたイスラム教の書物。(HORST FRIEDRICHS/ALAMY)

  • 14世紀にマリ皇帝マンサ・ムーサによって建てられた泥レンガのモスク。トンブクトゥに残る最古の建造物だ。町の大学に属する3つのモスクのうちの1つで、長年の間学問の場として崇拝されてきた。(FRANS LEMMENS/ALAMY)

  • 保全作業を施されたトンブクトゥの写本。(CPA MEDIA PTE LTD/ALAMY)

  • マリ共和国ニジェール・デルタで出土した13世紀の彫刻。米ニューヨーク州メトロポリタン美術館所蔵。(THE METROPOLITAN MUSEUM OF ART IN NEW YORK)

  • ニジェール、ティミアのオアシスで、民族衣装を着て写真に写るトゥアレグ族の人々。(ROBERT HARDING/ALAMY)

  • トンブクトゥにあるシディ・ヤハヤ・モスクの扉。15世紀に作られた扉の装飾には、モロッコ様式の影響がみられる。(MICHEL RENAUDEAU/GETTY IMAGES)

  • モロッコ、タムグルートにある有名なトンブクトゥの標識。昔からその交易と知識がここまで到達していたことを示している。(TERRANCE KLASSEN/AGE FOTOSTOCK)

  • 真ちゅうの水差し。1300年代初期のエジプト製。(THE METROPOLITAN MUSEUM OF ART, NEW YORK)

  • 1370年代に地図製作者アブラハム・クレスケスが作成したカタロニア地図。トンブクトゥとその住民に関する詳細な情報が書き込まれている。(BIBLIOTHÈQUE NATIONAL, PARIS BRIDGEMAN/ACI)

  • 預言に関する15世紀の論文。トンブクトゥ出身の学者イシュマエル・ディアディ・ハイダラのコレクションに含まれていたもの。(XAVIER ROSSI/GETTY IMAGES)