• 森林火災の煙と炎により、ナパ郡、ソノマ郡のワイン産地ではブドウの木が被害を受け、2020年の収穫の大半が絶望視されている。(Photograph by Stuart Palley, National Geographic)

  • 2020年10月2日、消防隊を率いる大隊長。乾燥した植生と北風が、すでに壊滅的な被害をもたらしていたグラスファイアをさらに拡大させる恐れがあった。(Photograph by Stuart Palley, National Geographic)

  • 2020年10月2日、消防隊を率いる大隊長。乾燥した植生と北風が、すでに壊滅的な被害をもたらしていたグラスファイアをさらに拡大させる恐れがあった。(Photograph by Stuart Palley, National Geographic)

  • 2020年10月2日、カリフォルニア州カリストガ付近で炎上を続けるグラスファイア。ブドウの木を保護するために、農業作業員が低木や燃えやすい植生を取り除いている。多くの有名ワイナリーでもブドウの木や建物が被害を受けた。(Photograph by Stuart Palley, National Geographic)

  • 2020年10月2日、カリストガの南にあるバーグマン・ファミリー・ワイナリーでは、消防隊員とブドウ畑の従業員が協力して消火作業にあたった。(Photograph by Stuart Palley, National Geographic)

  • 2020年10月2日、カリストガの南にあるバーグマン・ファミリー・ワイナリーでは、消防隊員とブドウ畑の従業員が協力して消火作業にあたった。(Photograph by Stuart Palley, National Geographic)

  • グラスファイアによって焦土と靄に包まれたナパバレーのブドウ畑。2020年10月3日。(Photograph by Stuart Palley, National Geographic)

  • カリストガにあるワイナリー、カステッロ・ディ・アモローサでは、グラスファイアで500万ドル相当のワインが失われた。城を模して作られた3000万ドルの施設は生き残り、2020年10月9日に再オープンする予定。(Photograph by Stuart Palley, National Geographic)

  • カリストガにあるワイナリー、カステッロ・ディ・アモローサでは、グラスファイアで500万ドル相当のワインが失われた。城を模して作られた3000万ドルの施設は生き残り、2020年10月に再オープンした。(Photograph by Stuart Palley, National Geographic)

  • カリストガのベネット・レーン・ワイナリーでは、まだ付近で火災が猛威を振るっていた2020年10月3日、農業委員会から特別な許可を得た作業員によってブドウの圧搾作業が行われた。収穫できたブドウは全体の40%で、残りは煙に汚染された。(Photograph by Stuart Palley, National Geographic)

おすすめ関連書籍

いちばん美しい世界の絶景遺産(ナショナル ジオグラフィック)

世界の美しい場所は、ずっと見ていられる。唯一無二の美しい場所を手元においていつでも眺めよう。

定価:本体2,000円+税