光り輝いて流れる溶岩から柱のようにそそり立つ噴煙まで、火山ほど地球の圧倒的な力を感じさせるものはない。

 火山は世界中の大地と海底に散らばり、いくつもの火山が今も活動している。噴火は大地にクレーターを刻み、山をつくり上げ、流れ出た溶岩はやがて冷えて荒野となる。地表は火山によって形成され、生命を育んできたとも言える。火口から噴出した岩は、やがて肥えた土壌に分解され、世界中で生命の営みを支える。火山の噴火で、地表から「栄養分」が掘り起こされるのだ。だが同時に、火山の爆発は生命の弱さも実感させる。火山には、一回の爆発でも周囲の風景を一変させる力があるからだ。

 火山は一つとして同じものがない。ここで紹介した写真は、いずれも火山の強い個性ともいうべき姿をとらえている。溶岩を大量にまき散らす火山もあれば、液状の溶岩が泡立つ火山もある。研究者たちは巨大な火山の「げっぷ、震え、怒り」を調べることで、火山の過去を読み解き、地球の未来の姿を垣間見ようとしている。

文=MAYA WEI-HAAS/訳=米井香織

地球の今を写真で見られる!

ビジュアル図鑑
写真で比べる地球の姿

世界108カ所の撮影地を、事例別に掲載。350点以上の写真、図版・CGで、変わる地球の姿とその理由・仕組みを解説します。TIME誌が「今年のベスト5に入る」と評したビジュアル本です。