写真家のポール・キタガキ・ジュニアは、第ニ次世界大戦中に、米国の写真家たちが被写体としてとらえた日系米国人のその後を追って取り続けている。著名な報道写真家ドロシア・ラングらが、日米開戦後に撮影した日系人たちの写真とともに紹介する。

文=PATRICIA YOLLIN/訳=北村京子