• ブロンゾビッチ牧場の現場監督を務めるアルヴィノ・ベラスケスさん。牛や馬、牧羊犬を監督し、馬に乗って自然の中を移動する。(PHOTOGRAPH BY LUJÁN AGUSTI)

  • パタゴニアで、南米のカウボーイ「ガウチョ」の伝統を受け継ぐブロンゾビッチ家の牧場。年に一度開かれる「ラ・イエラ」は、動物たちの数を数え、体の手入れをし、焼き印を押し、去勢手術を施す伝統的なイベントだ。それはまた、家族とガウチョの文化を祝う日でもある。(PHOTOGRAPH BY LUJÁN AGUSTI)

  • グルーミングなどの処置を行うため、馬を1頭ずつ群れから引き離し、足を縄で結ぶ。(PHOTOGRAPH BY LUJÁN AGUSTI)

  • 馬の足を慎重に縄で結ぶ。(PHOTOGRAPH BY LUJÁN AGUSTI)

  • 既に処置済みであることがわかるように、たてがみを切る。また、たてがみを一部カットすることで、手綱を使わずに馬を操ることができる。切られたたてがみは、手工芸品に使われる。(PHOTOGRAPH BY LUJÁN AGUSTI)

  • 雌馬を連れていこうとするアルヴィノ・ベラスケスさん。(PHOTOGRAPH BY LUJÁN AGUSTI)

  • ジョセフィーナ・ブロンゾビッチさん。愛犬のエラと。(PHOTOGRAPH BY LUJÁN AGUSTI)

  • バケアノの仕事道具である「ファカ」ナイフを手に持つフアン・ブロンゾビッチさん。(PHOTOGRAPH BY LUJÁN AGUSTI)

  • エスコンディド湖畔にあるブロンゾビッチ牧場。この囲いの中で、ラ・イエラが開かれる。(PHOTOGRAPH BY LUJÁN AGUSTI)

  • ブロンゾビッチ家の一員、ホルヘ・タグレさん。(PHOTOGRAPH BY LUJÁN AGUSTI)