• ドイツ、ベルリンにあるフンボルト博物館所蔵のティラノサウルス・レックスの頭骨。2010年に、米モンタナ州にある白亜紀後期のヘルクリーク累層で発見された全長約12メートルの化石は、発掘と復元に4年の歳月を要した。(PHOTOGRAPHY BY GERD LUDWIG)

  • 驚くほど保存状態の良い草食恐竜プシッタコサウルス・モンゴリエンシスの脊椎と羽毛の生えた尾。ドイツ、フランクフルトにあるセンケンブルク博物館に展示されている。(PHOTOGRAPHY BY ROBERT CLARK)

  • 1996年に中国北東の遼寧省で、世界初の羽毛恐竜が発見された。全身が色の濃いダウン状の羽毛に覆われたシノサウロプテリクス・プリマの化石は、古生物学の根幹を揺るがす大発見となった。(PHOTOGRAPHY BY O. LOUIS MAZZATENTA)

  • 中国遼寧省では、恐竜だけでなく初期の鳥類の化石も多く発見されている。写真は、1億2000万~1億2500万年前の孔子鳥の化石。リボンのように伸びる2本の長い尾が特徴。(PHOTOGRAPHY BY O. LOUIS MAZZATENTA)

  • 約2億年前の三畳紀後期に米国南西部に生息していた初期の肉食恐竜コエロフィシス・バウリ。ニューメキシコ州の州化石に指定され、体長は3メートルに達するが、体重は20キロに満たなかった。 (PHOTOGRAPHY BY NOREBERT WU/ MINDEN PICTURES)

  • 岩に張り付いた状態のこの卵は、長い首を持ち、陸上生物としては最大の動物だった竜脚類のもの。これは中国で発見されたが、竜脚類の卵は世界中で見つかっている。(PHOTOGRAPHY BY SCENICS & SCIENCE/ALAMY)

  • ジュラ紀後期の捕食恐竜アロサウルス・フラギリスの頭骨。岩に張り付いた状態で、米ユタ州ジェンセンにある恐竜自然公園で展示されている。(PHOTOGRAPHY BY BRECK P. KENT/ ANIMALS ANIMALS/ EARTH SCENES)

  • モンゴルのゴビ砂漠で発見されたプロトケラトプス・アンドリューシの化石。角をはやしたトリケラトプスの初期の仲間で、大きさは羊程度。七面鳥サイズのヴェロキラプトル・モンゴリエンシスの捕食対象になることが多く、2頭が格闘したまま化石になったものが発見され、話題になった。(PHOTOGRAPHY BY XAVIER FORES - JOANA RONCERO/ALAMY)

  • 化石のデジタルモデルから復元したスピノサウルスの実物大骨格模型。全長15メートル。2014年9月に、米ワシントンD.C.のナショナル ジオグラフィック博物館で展示された。(PHOTOGRAPHY BY MIKE HETTWER)

  • オランダ、ライデンの自然史博物館に展示されているメスのティラノサウルス・レックス「トリックス」の歯と顎。(PHOTOGRAPHY BY DEAN MOUHTAROPOULOS/GETTY)