性的搾取を目的とする人身売買は世界的な問題で、何百万人という子どもたちが被害に遭っている。将来に夢を抱いていたインドとバングラデシュの10代の少女2人も、売春を強要された。

文=ユディジット・バタチャルジー(ジャーナリスト)/写真=スミタ・シャルマ

この特集記事について: 人身売買の被害に遭った少女たちのプライバシーを保護し、性犯罪被害者の身元特定に関するインドの法律を順守するため、少女たちとその家族の身元がわかる情報は伏せた。撮影の際も顔がはっきりわからないように配慮し、本人とわかるような特徴も修正している。記事に登場する2人の少女には仮名を用いた。

※このギャラリーは、雑誌ナショナル ジオグラフィック日本版2020年10月号に掲載されたものです。定期購読者の方のみすべてご覧いただけます。