オランダのアムステルダム国立美術館では、旧植民地や活動家からの働きかけもあり、植民地時代を象徴する収蔵品に関して、その背景を深く掘り下げて解説することで、過去の歴史を理解できるような展示に取り組んでいる。

文=YE CHARLOTTE MING/訳=北村京子