• 1999年にベトナムのタムコックで制作された刺繍作品。戦のためにゾウに乗った徴姉妹は、2000年近くにわたりベトナム美術の人気の題材となっている。(HALIA TRAN-ADAMS)

  • 徴姉妹の生まれ故郷であるハノイ北西部のメリン県には姉妹をまつる寺院がある。(ALAMY/ACI)

  • 「竜が降りてくる湾」という意味の名をもつハロン湾のすばらしい景観。貉龍君が海に降りていく際に尾を叩きつけたことでできたと伝えられている。(THNH CHUNG NGUYN/EYEEM/GETTY IMAGES)

  • 徴姉妹はゾウに乗った姿で知られる。今日でもベトナムの森には野生のゾウが生息しているが、生息地の減少や密猟により個体数は激減している。1990年代には1500〜2000頭の象が生息していたと推定されているが、2013年には70頭まで減少した。(THANH NGUYEN/GETTY IMAGES)

  • 米国カリフォルニア州オレンジ郡のリトル・サイゴンにはベトナム系米国人の大きなコミュニティーがあり、ベトナム人の起源と、貉龍君と嫗姫の結婚の物語を描いた壁画が飾られている。(MADELEINE TRAN)

  • 1〜3世紀に製作された青銅製の香炉。ベトナムの美術品にはしばしば竜が登場する。(THE METROPOLITAN MUSEUM OF ART, NEW YORK)

  • 青銅の短剣。紀元前600年から紀元300年にかけてベトナムの紅河デルタ地帯に栄えたドンソン文化は、精巧な青銅作品で知られる。(ALBUM/QUINTLOX)

  • ゾウの水差し。2世紀後半〜3世紀に製作された青銅製の水差し。(VIETNAM THE METROPOLITAN MUSEUM OF ART, NEW YORK)

  • 徴姉妹に扮してゾウに乗る女性たち。1957年、サイゴン(現ホーチミン市)で催されたパレードで撮影された。(HISTORY/ALAMY IMAGES)

  • 1963年に南ベトナムで発行された切手。手前に描かれているのは、南ベトナム大統領の義理の妹で、1963年まで事実上のファーストレディーであったマダム・ヌー。マダム・ヌーは徴姉妹の銅像(後方)を建て、みずからを徴姉妹になぞらえた。(ALAMY/CORDON PRESS)

この写真の記事

紀元40年、後漢に支配されていたベトナムの徴姉妹は反乱を起こし、独立を勝ち取った。その勝利は短期間で終わったが、徴姉妹は今も全世界のベトナム人の民族的英雄となっている。

文=Nhung Tuyet Tran/訳=三枝小夜子

おすすめ関連書籍

伝説の謎

事実かそれとも空想か

伝説は史実なのか、それとも作り話か。歴史上の有名な伝説に改めてメスを入れ、本当にあった出来事か、当時の人々の想像の産物だったのかを明らかにする。

定価:1,540円(税込)