私たち人間にとっては居住不可能な場所でも、地球外生命なら生きる道を見出すかもしれない。火山湖や酸性の水たまり、乾燥した盆地、地下洞窟。どれも生物が暮らすのには適さない場所だ。では、火星や氷の衛星エウロパはどうだろう? いつかきっと、答えがわかる日が来るはずだ。(参考記事:「太陽系の外の生命、どうやって探す? 研究盛んに」

 生命がどのように誕生、進化、繁栄するかを理解し、太陽系のほかの場所で生命を見つけられる確率を高めるため、科学者たちは、地球で最も過酷な環境に存在する生命に目を向けている。地球上で最も暑い場所、暗い場所、乾燥した場所、酸性度が高い場所、塩分が多い場所などを訪れ、そこに何が存在するかを確かめているのだ。(参考記事:「地球似の系外惑星を2つ発見、生命存在の可能性」

 ここで紹介するのは、わざわざ宇宙に行かなくても、地球上で異世界を体験できる場所だ。科学者たちは、火星やその先に送り込む探査車をテストする際、北極圏や米国カリフォルニア州の砂漠を目指す。技術者たちは地球外の海を探査するという難題に取り組む際、極地の冷たい水に潜水艇を投入する。地球外生命を探すなかで、地球を異世界に見立てることがあるのだ。(参考記事:「この世の果て? 地獄のような絶景10選」

文=NADIA DRAKE/訳=米井香織