• お気に入りの屋根の上に止まる野生のクジャク。米カリフォルニア州ロサンゼルス郡マリナ・デル・レイで撮影された。地元住民が付けた愛称は「チボリ」(目撃された通りの名から付いた)。このクジャクがどこから来たのか、いつまでいるのかは不明だが、これまで快適に暮らしているようだ。(PHOTOGRAPH BY GLENNA GORDON)

  • チボリが初めて目撃されたのは2020年の4月のことだった。野生のクジャクは、南のランチョ・パロス・ベルデスや東のアルカディアでは昔から目撃されてきたが、ウエストロサンゼルスでは珍しい。(PHOTOGRAPH BY GLENNA GORDON)

  • マービスタとカルバーシティーの地区境で撮影。近所の子がチボリを追いかける。チボリが庭や花壇に入り込み、観賞用の植物を食べてしまうこともしばしばある。(PHOTOGRAPH BY GLENNA GORDON)

  • マリナ・デル・レイで撮られた、道を渡ろうとするチボリを見つめる女性と飼い犬。イヌがチボリを追いかけることもあるが、「たいていは無視する」とボランティアでチボリの世話をしているジェシカ・ロング氏は言う。(PHOTOGRAPH BY GLENNA GORDON)

  • 春先にはチボリの尾羽が生え揃っていた。このため、チボリは交尾相手を探していたと考えられる。夏の終わりまでに、尾の羽根のほとんどが抜け落ちてしまった。(PHOTOGRAPH BY GLENNA GORDON)

  • 行動範囲が広いチボリだが、お気に入りの場所がある。この屋根はそうした場所の一つだ。(PHOTOGRAPH BY GLENNA GORDON)

  • 朝早くの光景。この辺りをすみかにするネコは、道を歩くチボリをじっと見つめると、追いかけ始めた。(PHOTOGRAPH BY GLENNA GORDON)

  • 尾羽を広げて、辺りを警戒するチボリ。なお、チボリがいることで一帯に生息する野生生物を追い払うような行動は確認されておらず、「生態系が被害を受けるリスクはほとんどない」(米オクシデンタル大学の鳥類学者ジェームズ・メイリー氏)という。(PHOTOGRAPH BY GLENNA GORDON)

この写真の記事

 新型コロナでロックダウン中の2020年4月、米国ロサンゼルス郊外の住宅地に野生化した雄のクジャクが現れた。最初に目撃された通りにちなんで「チボリ」と呼ばれるようになったクジャクは、今では街の人気者になっている。

 そもそも米国に生息しないクジャクだが、都市はクジャクが適応する条件が揃っているようだ。

文=FARAH ELTOHAMY/写真=GLENNA GORDON/訳=牧野建志

おすすめ関連書籍

PHOTO ARK 鳥の箱舟

絶滅から動物を守る撮影プロジェクト

色も姿も多様な鳥たちの写真約350枚、280種以上を収録。世界各地の珍しい鳥、美しい鳥、変わった鳥など、まだまだ知られていない鳥を紹介します。

定価:本体2,600円+税