• オーストラリア最大のチョウ、メガネトリバネアゲハ(Ornithoptera priamus)。緑の葉に溶け込んでいる。メスは、翅を広げると20センチ近くになることもある。 (PHOTOGRAPH BY NICOLE DUPLAIX)

  • トラフトンボマダラチョウのさなぎ。米国ニューオーリンズ、オーデュボン蝶庭園・昆虫館で撮影。 (PHOTOGRAPH BY JOEL SARTORE, NATIONAL GEOGRAPHIC IMAGE COLLECTION)

  • ネグレクタウラモジタテハ(Diaethria neglecta)。ブラジル、パンタナールで撮影。この線と斑点の模様から、「88」という変わった通称が付けられた。 (PHOTOGRAPH BY JOEL SARTORE)

  • カメハメハアカタテハ(Vanessa tameamea)。2種しかいないハワイ固有のチョウの1種。写真は、米オアフ島にある博物館のカメハメハアカタテハを接写したもの。 (PHOTOGRAPH BY CHRIS JOHNS)

  • アオジャコウアゲハ(Battus philenor)。後翅の下側に白とオレンジのドット柄がある。 (PHOTOGRAPH BY DARLYNE A. MURAWSKI)

  • モルフォチョウ属の一種のオスの標本。光沢のある翅が輝く。 (PHOTOGRAPH BY CARY WOLINSKY)

  • オーストラリア、タリーの近くで発見された未同定のチョウの翅の接写。まるで豪華なタペストリーのようだ。 (PHOTOGRAPH BY DARLYNE A. MURAWSKI)

  • タテハモドキ(Junonia almana)。目玉模様と紫の柄が印象的だ。 (PHOTOGRAPH BY TIM LAMAN)

  • キジマドクチョウの白い縞が、白い花びらによって引き立つ。米国ネブラスカ州リンカーンの子ども動物園で撮影。 (PHOTOGRAPH BY JOEL SARTORE)

  • 葉の上で休んでいるモルフォチョウ属の一種(Morpho sp.)。寿命はわずか115日ほどだ。 (PHOTOGRAPH BY TIM LAMAN)

おすすめ関連書籍

ビジュアル 世界一の昆虫 コンパクト版

世界一の記録をもった〈ものすごい〉昆虫135種をすべて写真付きで紹介! 2010年に刊行した『ビジュアル 世界一の昆虫』が、手に取りやすいコンパクトサイズになってついに登場。

定価:本体2,700円+税