30kg以上になる淡水動物126種を調べた最新の研究により、およそ40年間で9割近く個体数が減っていたことが明らかになった。多くの種が絶滅の危機に直面している。

文=Stefan Lovgren/訳=高野夏美