• 魏公村のノン・イン核シェルターで生活する不動産業の男性たち。(PHOTOGRAPH BY ANTONIO FACCILONGO)

  • 魏公村地区にあるノン・イン核シェルターの自室で、ベッドに座るシェンさん(23)。多くの若者がより豊かな生活を求め、地方を後にして北京に移住している。(PHOTOGRAPH BY ANTONIO FACCILONGO)

  • 中国、北京の魏公村地区。こうした建物の地下に核シェルターがある。(PHOTOGRAPH BY ANTONIO FACCILONGO)

  • トロンボーンを演奏するミュージシャン。大紅門地区の文化芸術会館という活動センターで。(PHOTOGRAPH BY ANTONIO FACCILONGO)

  • 大学生のシェン・ズーさんとシャオ・シーさん(いずれも24歳)。ノン・イン地区の地下シェルターで暮らしている。大きな目標を達成するまでの間、あくまで一時的にここに住むつもりだ。(PHOTOGRAPH BY ANTONIO FACCILONGO)

  • 中国、北京にある核シェルターの古い扉。(PHOTOGRAPH BY ANTONIO FACCILONGO)

  • 地下シェルターに住む不動産業者の男性らが、近くの施設でビリヤードに興じる。(PHOTOGRAPH BY ANTONIO FACCILONGO)

  • 核シェルターで父親と暮らす、3歳のズー・リウちゃん。父親はシェルターの一部を、ガオ・ツァイ・シャンというオンライン書店に変えた。(PHOTOGRAPH BY ANTONIO FACCILONGO)

  • 大紅門地区にある地下の理髪店で髪を染める少年。北京の地下シェルター内では、推定で約1000もの事業が行われている。(PHOTOGRAPH BY ANTONIO FACCILONGO)

  • 魏公村地区のノン・イン核シェルターでベッドに寝転び、スマートフォンでテレビを見るイー・チョンさん。「家を借りる経済力がない人でも、スマートフォン、タブレット、有名ブランドの服などをステータスシンボルとして購入します。中国文化では、成功しているように見えることが大事だからです」とファシロンゴ氏は言う。(PHOTOGRAPH BY ANTONIO FACCILONGO)