• 米フロリダ州が限定的な捕獲の許可を検討しているイタヤラ(Epinephelus itajara)は、体長約2.4メートル、体重約360キロにもなる。(PHOTOGRAPH BY DAVID DOUBILET, NAT GEO IMAGE COLLECTION)

  • 取り壊されたフロリダ州ジュピターの高校の校舎のコンクリートを使って作られた人工礁「ウォリアー・リーフ」にいるイタヤラ。1990年に漁が禁止されて以来、イタヤラの数は増えてきたが、多くの科学者は、漁を再開するにはまだ少なすぎると指摘する。(PHOTOGRAPH BY JENNIFER HAYES, NAT GEO IMAGE COLLECTION)

  • フロリダ州ボイントンビーチ沖の沈没船カストール号の横を泳ぐイタヤラ。(PHOTOGRAPH BY DAVID DOUBILET, NAT GEO IMAGE COLLECTION)

  • マングローブの間を泳ぐイタヤラの幼魚。マングローブの減少により、多くの幼魚が成魚になるまで生きられなっている。(PHOTOGRAPH BY DAVID DOUBILET)

  • 産卵期には、数十匹のイタヤラが集まって繁殖集団を形成する。スキューバダイビングを楽しむ観光客にとっては大きな見所だ。(PHOTOGRAPH BY DAVID DOUBILET, NAT GEO IMAGE COLLECTION)

この写真の記事

体長2.4メートルにもなる大西洋の巨大魚イタヤラ。乱獲で数が減り、米国フロリダ州では過去30年にわたり漁獲が禁止されてきたが、現在、解禁に向けた動きが強まっている。

文=DAVID SHIFFMAN/訳=山内百合子

おすすめ関連書籍

海に生きるいのち

ナショジオの水中・海洋写真家の巨匠デビッド・デュビレとポール・ニックレンの2人が撮った、海の生きものの傑作写真集。

定価:2,035円(税込)