• 7月27日、ケニア、オロイカの空に浮かぶ赤い月。(PHOTOGRAPH BY SIMON MAINA, AFP/GETTY IMAGES)

 2018年7月27日から28日にかけて(日本では7月28日未明)の皆既月食は、約103分という21世紀最長のものだった。地球の影に隠れた月は、地球の大気を通過し、屈折してきた光によって赤銅色に染まる。これだけ長い時間にわたって赤い月を見られ、しかも、すぐそばには、2003年以来地球に最接近しつつある火星まで見られた。まさに一生に一度しかない特別な瞬間で、観測できた人は幸運だ。

 皆既月食は、オーストラリア、ニュージーランド、アジア、ヨーロッパ、アフリカ、南米で観測できたが、北極圏、太平洋諸国の大部分、北米からは見られなかった。月食を観測できる地域に住んでいても、天気が良くなければ見ることはできない。空が晴れていた地域の人々は、「世紀の月食」をこぞって写真に残している。

 こうして撮影された世界各地の月食写真から、ナショナル ジオグラフィックの写真編集者が厳選した11点を紹介しよう。

文=Michael Greshko/訳=ルーバー荒井ハンナ

宇宙を知りたくなったら……

宇宙の真実
地図でたどる時空の旅

宇宙の今が全部わかる!太陽系の惑星から宇宙の果て、さらに別の宇宙まで、どのような構造になっているのか、なぜそのような姿をしているのかを、わかりやすく図解で解き明かします。