現代社会には「カリスマ的な動物」のイメージが氾濫しているが、そのせいで野生生物の個体数について誤解が生じるおそれがある。

文=Cecelia Smith-Schoenwalder/訳=三枝小夜子