陸路で訪れることのできない、ギリシャ正教の聖地アトス山。20年にわたりここへ通い続け、ギリシャ哲学の教授から正教の司祭になった中西裕一氏を、息子で写真家の裕人氏が撮影した。写真14点。

文・写真=中西裕人

中西裕人写真展「死は、通り道」

父はなぜ20年にわたり険しい山々を歩き、聖地アトスを目指したのか。背中を追った作品約40点。

2021年7月22日(木)〜8月4日(水)
アイデムフォトギャラリー「シリウス」
10:00~18:00(日、休館、最終日は15:00まで)

父、中西裕一氏による書籍『ギリシャ正教と聖山アトス』(パウエル中西裕一、幻冬舎新書)も2021年7月28日に発売。