• オーストラリア南東部沿岸の浅い海で見られるサザン・キールド・オクトパス(Octopus berrima)。砂の中に隠れていることが多い。(参考記事:「【動画】タコのダンスがしなやかで魅惑的」)(PHOTOGRAPH BY DAVID LIITTSCHWAGER, NAT GEO IMAGE COLLECTION)

  • マダコ科のカプリコーン・ナイト・オクトパス(Callistoctopus alpheus)は夜行性。(PHOTOGRAPH BY DAVID LIITTSCHWAGER, NAT GEO IMAGE COLLECTION)

  • ヒョウモンダコ属のグレーター・ブルーリング・オクトパス(Hapalochlaena lunulata)は小さく美しいが、この色は「危険」を意味する。強い毒を持つからだ。(PHOTOGRAPH BY DAVID LIITTSCHWAGER, NAT GEO IMAGE COLLECTION)

  • 主にオーストラリア沖の海域で見られるカプリコーン・ナイト・オクトパス。夜になると餌を取るために姿を現す。(PHOTOGRAPH BY DAVID LIITTSCHWAGER, NAT GEO IMAGE COLLECTION)

  • オーストラリア原産のマダコ科のペール・オクトパス(Octopus pallidus)は体長11センチほど。(参考記事:「南極のタコの血は青くて濃い、予想を裏切る新発見」)(PHOTOGRAPH BY DAVID LIITTSCHWAGER, NAT GEO IMAGE COLLECTION)

  • 吸盤を見せるのは、パシフィック・レッド・オクトパス(Octopus rubescens)。吸盤は単に吸いつくだけでなく、1個1個が別々に動き、驚くほどの器用さをみせる。米国西海岸で広く見られる。(PHOTOGRAPH BY DAVID LIITTSCHWAGER, NAT GEO IMAGE COLLECTION)

  • 生まれて間もないワモンダコ(Octopus cyanea)。タコの多くは、成長がとても早い。(PHOTOGRAPH BY DAVID LIITTSCHWAGER, NAT GEO IMAGE COLLECTION)

  • メキシコマダコ(Octopus joubini)は非常に小さく、この標本の外套膜は長さ2.5センチほど。(PHOTOGRAPH BY DAVID LIITTSCHWAGER, NAT GEO IMAGE COLLECTION)

  • 卵を抱えているメスのタコ。この種はまだ学術的に記載されていない。(PHOTOGRAPH BY DAVID LIITTSCHWAGER, NAT GEO IMAGE COLLECTION)

  • 2つの斑点が特徴的な、カリフォルニア・ツースポットタコ(Octopus bimaculoides)。水深20メートルほどの比較的浅い海にすんでいるため、ダイバーとよく出くわす。(参考記事:「タコに合成麻薬を投与、驚きの結果とは、研究」)(PHOTOGRAPH BY DAVID LIITTSCHWAGER, NAT GEO IMAGE COLLECTION)