• 新型コロナウイルスへの感染が疑われる患者の遺体が、インドネシアの病院の一室に安置されている。感染を防ぐため、看護師がプラスチックのシートで遺体を密封し、消毒した。(PHOTOGRAPHS BY JOSHUA IRWANDI)

  • チェコのセドレツ納骨堂では、14世紀のペストの大流行で亡くなった3万人の遺骨が装飾に用いられている。(PHOTOGRAPHS BY CHARLIE HAMILTON JAMES)

  • 中国湖北省武漢の自動車工場で昼食をとる作業員たち。検温し、マスクをして、互いに距離をとりつつ作業を行う。(PHOTOGRAPHS BY STR/AFP VIA GETTY IMAGES)

  • 3月9日、クルーズ船「グランド・プリンセス」がようやく米国カリフォルニア州オークランドに入港できることになり、 乗客たちが姿を見せた。最終的に100人を超す乗客・乗員が新型コロナウイルスに感染していた。(PHOTOGRAPHS BY GABRIELLE LURIE, SAN FRANCISCO CHRONICLE VIA GETTY IMAGES)

  • 米国オハイオ州の皮膚科の教授が1902年に撮影した天然痘の回復患者の痘痕。ワクチンはその100年前からあったが、米国では1949年まで流行が繰り返された。(PHOTOGRAPHS BY DITTRICK MEDICAL HISTORY CENTER, CASE WESTERN RESERVE UNIVERSITY)

ここから先は、「ナショナル ジオグラフィック日本版」の定期購読者(月ぎめ/年間のみ、ご利用いただけます。

定期購読者(月ぎめ/年間)であれば、

  • 1 最新号に加えて2013年3月号以降のバックナンバーをいつでも読める
  • 2ナショジオ日本版サイトの
    限定記事を、すべて読める

おすすめ関連書籍

2020年8月号

パンデミックと人類/インドの聖なる川/広島 75年目の記憶/チンパンジーの脅威/女性参政権への道

8月号の特集「パンデミックと人類」では、繰り返されるパンデミックの歴史から、私たちは何を教訓とすべきか考えます。シリーズ『人類の旅路を歩く』では「インドの聖なる川」をテーマにお届け。このほか、原爆投下75年を迎える「広島 75年目の記憶」など5本の特集を掲載。

定価:本体1,100円+税