• ヒラアジの幼魚とクラゲ
    (PHOTOGRAPH BY DAVID DOUBILET AND JENNIFER HAYES)

  • シャコの幼生
    夜の帳が下りると、大海原には驚きの世界が広がる。動物プランクトンが餌を求め、深海から上がってくるのだ。その多くは、写真のシャコの仲間のように、まだ幼生だ。シャコは幼生期も成体期も貪欲な捕食者で、ブラックウォーター・ダイビングは、生まれて間もない彼らの姿を垣間見ることができる希少な機会だ。「まるで海の保育園です」と、写真家のデビッド・デュビレ氏は話す。(PHOTOGRAPH BY DAVID DOUBILET AND JENNIFER HAYES)

  • クラゲとミノカサゴの幼魚
    そよ風になびくカーテンのように動くクラゲ(左の写真)や、端脚類(小型の甲殻類)に囲まれたミノカサゴの仲間の幼魚(右の写真)などに出会うために、写真家は深夜、明るいライトを携えて海の深くへと潜る。 デュビレ氏や写真家のジェニファー・ヘイズ氏は、夜の海でのダイビングを、宇宙空間を漂うことになぞらえる。「どちらが水面かを知る唯一の手立ては、泡の行方だけです」とデュビレ氏。(PHOTOGRAPH BY DAVID DOUBILET AND JENNIFER HAYES)

  • “不死”のクラゲ
    より希少な生物を目撃することもある。例えば、フィリピンのアニラオでヘイズ氏が撮影した、この不死のクラゲだ。脅威にさらされると、最初期の生態に戻る。言わば、一生をもう一度始めるのだ。ブラックウォーター・ダイバーにとって、このクラゲに出会うことは究極の目標の1つだ。ちなみに、デュビレ氏とヘイズ氏の見たいものリストのトップは、超レアもののムラサキダコだ。(PHOTOGRAPH BY DAVID DOUBILET AND JENNIFER HAYES)(参考記事:「危機を迎えると再分化する不死のクラゲ」

  • サルパ
    デュビレ氏とヘイズ氏は、透明な浮遊生物サルパのように小さな生物の撮影にはマクロレンズを使用する。サルパはゼラチン状の無脊椎動物で、大きさは親指の爪サイズのものから長さ30メートルのものまでさまざま。多数の発光性の個体が鎖状に連結し、電気信号を用いて動きを同期させることができる。「クネクネと身をよじると、驚きの幾何学模様が浮かび上がります。それが、目の前で変化していくのです」とヘイズ氏。(PHOTOGRAPH BY DAVID DOUBILET AND JENNIFER HAYES)

  • アジ科の稚魚とミズクラゲ
    夜の海を安全に移動するため、意外な同盟を結ぶ生きものもいる。例えば、このアジ科の稚魚は、ミズクラゲの仲間の背に乗って移動する。安全は、潮の流れに翻弄される人間にとっても、気にかかる点だ。ダイバーは明るいライトを取り付けたロープを海中に垂らし、水面に浮かべたブイに結びつける。ダイバーもボートもライトを目印にして、誰も見失わないようにするためだ。(PHOTOGRAPH BY DAVID DOUBILET AND JENNIFER HAYES)

  • トビウオ
    「穏やかな夜の海面の下側は、鏡のようです」とヘイズ氏。色鮮やかに輝くトビウオの仲間が海中を泳ぐこの写真は、バミューダ諸島沖の北大西洋の海域、サルガッソ海でデュビレ氏が撮影した。トビウオの仲間は胸びれを羽のように広げ、かなりの距離を滑空できる。(PHOTOGRAPH BY DAVID DOUBILET AND JENNIFER HAYES)

  • 翼足類とハコフグの幼魚
    夜の海では、写真家は信じられないほど多様な生命に出会う。左の写真は、浮遊する巻貝の仲間である翼足類で、砂粒ほどの小さなものもいる。「側足」の末端が翼状に進化しており、この足を打って水中を進む。右はハコフグ類の幼魚で、写真家のライトに寄ってきた。(PHOTOGRAPH BY DAVID DOUBILET AND JENNIFER HAYES)

  • イカ
    墨を吐くイカ。その後、深く潜って姿を消した。インドネシア、ラジャアンパットで撮影。夜の海は魅惑的だが、撮影ではフラストレーションが溜まる、とデュビレ氏は言う。生きものの多くは、信じられないほど小さいか、人を見ると逃げるからだ。「ピントを合わせている間に、彼らはあっちに行ったりこっちに行ったりするので、捉えられないのです」(PHOTOGRAPH BY DAVID DOUBILET AND JENNIFER HAYES)

  • ヨウジウオ
    身を守るために擬態しようとする生きものもいる。例えば、写真のヨウジウオの仲間は、自分がつかんでいる枝に擬態している。フィリピン、アニラオの夜の海で撮影。ブラックウォーター・ダイバーも、捕食者、特にサメを心配する。だが、残念なことに、ダイビングポイントのほとんどで、サメは捕りつくされてしまっていると、デュビレ氏は言う。「私たちが比較的安全な海だと感じるのは、そうしたよくない理由によるものなのです」(PHOTOGRAPH BY DAVID DOUBILET AND JENNIFER HAYES)