• 冬の寒さを逃れ、温泉で暖まる2匹のニホンザル。(PHOTOGRAPH BY KOUSUKE KITAJIMA, NATIONAL GEOGRAPHIC TRAVEL PHOTOGRAPHER OF THE YEAR CONTEST)

  • クラゲの中に逃げ込んだ魚。(PHOTOGRAPH BY LILIAN KOH, NATIONAL GEOGRAPHIC TRAVEL PHOTOGRAPHER OF THE YEAR CONTEST)

  • 写真家のE・アレンシビア氏は、厳しい寒さに耐えつつこの写真を撮影した。「悪天候で、寒く、光の条件もよくありませんでした。そんなときでも、何に出合うことになるかはわかりません」(PHOTOGRAPH BY E. ARENCIBIA, NATIONAL GEOGRAPHIC TRAVEL PHOTOGRAPHER OF THE YEAR CONTEST)

  • 一斉に飛び立とうとするフラミンゴの群れ。(PHOTOGRAPH BY CHENGUANG XIAO, NATIONAL GEOGRAPHIC TRAVEL PHOTOGRAPHER OF THE YEAR CONTEST)

  • タンザニア、ンゴロンゴロ自然保護区の2頭のオスのマサイキリン。この写真を撮る少し前には、首を武器のように使って殴り合っていた。(PHOTOGRAPH BY LEINANI SHAK YOSAITIS, NATIONAL GEOGRAPHIC TRAVEL PHOTOGRAPHER OF THE YEAR CONTEST)

  • 写真家のリチャード・ジェームズ氏は、米アラスカ州カトマイ国立公園の人里離れた川を下っているときに、偶然このハイイログマの家族を見つけた。15メートルほど離れたところから写真を撮ったジェームズ氏は、クマたちは自分や天気に気づかないほど夢中になって食べものを探していた、と話している。(PHOTOGRAPH BY RICHARD JAMES, NATIONAL GEOGRAPHIC TRAVEL PHOTOGRAPHER OF THE YEAR CONTEST)

  • 海の闇から姿を現した1匹のジンベエザメ。(PHOTOGRAPH BY HONGJUN YUE, NATIONAL GEOGRAPHIC TRAVEL PHOTOGRAPHER OF THE YEAR CONTEST)

  • 捕食者から身を隠すウナギの幼生。最近は、シラスウナギと呼ばれるウナギ稚魚が乱獲の対象になっており、ニホンウナギなど一部のウナギは絶滅が危ぶまれている。写真家のヤトワイ・ソー氏は、「状況は悪化しています」と語る。(PHOTOGRAPH BY YATWAI SO, NATIONAL GEOGRAPHIC TRAVEL PHOTOGRAPHER OF THE YEAR CONTEST)

  • 写真家のアンディ・ルバート氏は、広角レンズを使って、ドイツの北に浮かぶヘルゴラント島の営巣地に戻ってくるシロカツオドリを撮影した。「光が暖色に変わる夕刻は、美しい光景を見せてくれることがあります」(PHOTOGRAPH BY ANDY LUBERTI, NATIONAL GEOGRAPHIC TRAVEL PHOTOGRAPHER OF THE YEAR CONTEST)

  • ケニアのマラ川で、河岸のワニから逃げるシマウマの群れ。(PHOTOGRAPH BY KHAI CHUIN SIM, NATIONAL GEOGRAPHIC TRAVEL PHOTOGRAPHER OF THE YEAR CONTEST)