地球温暖化の影響で冬の間に降り積もった雪は昔よりも早く解け、氷河は山の高い場所へと後退してしまった。生きるための水を雪や氷に頼っている人々は一体どうすればよいか?インド最北部のラダック地方では、種まきを待つ乾いた農地に水を供給しようと、巨大な氷の塔が造られ始めている。

文=アラティ・クマール=ラオ(ジャーナリスト)/写真=シリル・ジャズベック