• リンカーン・バーンウェル、ジュリアン・バーンウェル兄弟は2007年にH.M.S.グロスター号を発見したが、ずっと秘密にされていた。「ある日、潜ってみると、海底に大砲が散乱していたのです」とリンカーンさんは振り返る。「忘れられない光景です」(PHOTOGRAPH COURTESY NORFOLK HISTORIC SHIPWRECKS)

  • 1682年、50門の大砲を備える英海軍のフリゲート、グロスター号が砂州にぶつかって沈没した。この惨事は、イングランド王ジェームズ2世が失脚する一因となった。(IMAGE VIA WIKIMEDIA COMMONS)

  • 2012年、青銅製の鐘が回収され、この沈没船がグロスター号かどうかの謎が解けた。(PHOTOGRAPH COURTESY NORFOLK HISTORIC SHIPWRECKS)

  • ひげを生やした顔が描かれたバートマン・ジャグと呼ばれる容器。沈没船から回収された17世紀の遺物の一つだ。(PHOTOGRAPH COURTESY NORFOLK HISTORIC SHIPWRECKS)

  • ジョージ・ワシントンの祖先であるレッグ家の紋章が描かれた未開封のワインボトル。(PHOTOGRAPH COURTESY NORFOLK HISTORIC SHIPWRECKS)

  • 海底に露出したグロスター号の滑車装置。このほかにも多くの遺物が埋まっている可能性がある。(PHOTOGRAPH BY NORFOLK HISTORIC SHIPWRECKS)

この写真の記事

 のちに英国王ジェームズ2世となるヨーク公を乗せて340年前に難破した英海軍のH.M.S.グロスター号が見つかった。「文字通り、歴史を変えるきっかけになった沈没船です」と、海事の歴史を専門とする同大学のクレア・ジョウィット氏は語る。未開封のワインボトルなどがすでに見つかっており、優雅な旅と歴史を物語る遺物の発見への期待が高まっている。

文=ROFF SMITH/訳=米井香織

おすすめ関連書籍

世界の海賊 海を愛した無法者たちの夢

歴史の始まりから、海は海賊とともにあった。洋の東西を問わず、陸からは見えにくい海に生きた人間たちの素顔をさらし、史実をあぶり出す。豊富なビジュアルとともに、歴史のロマンを感じる1冊。

定価:1,540円(税込)