警官による黒人殺害をきっかけに、米国で激しい抗議行動が起きている。根強く残る差別意識、それに対する黒人の怒りは、米国のある残虐な暴力の歴史と結びついていた。胸の痛む写真と図、18点。

※このギャラリーには暴力的な写真が含まれています。本文に述べられている残虐な事件の数々を物語る歴史的資料として、リンチによって殺害されたルービン・ステイシーの写真を掲載することは重要であると考えます。黒人男性や女性への残虐なリンチを撮影した写真は、かつて白人至上主義を永続させるために使われていました。

【特集】リンチ殺人が横行した米国、暗黒の歴史
第1回 米黒人拘束死事件は「現代のリンチ」だ、根底に暴力の歴史
第2回 21歳妊婦の残酷すぎる死、白人至上主義の狂気(6/20公開)
第3回 白人女性の嘘が14歳少年のリンチ死を招いた(6/21公開)

【関連記事】
「黒人拘束死、悲しみと怒りのミネアポリス 写真18点」
「人種差別抗議デモ、人種を超えて広がる人々の思いと闘い」
「ナショジオは人種差別的だった、米版編集長が声明」

文=DENEEN L. BROWN/訳=ルーバー荒井ハンナ