米国を相手に最高裁で闘ったコレマツは、強制収容所の設置を可能にした命令の違法性を訴えて敗訴した。今日に至るまで変わらない、この裁判がもつ重要な意味とは。

文=ERIN BLAKEMORE/訳=北村京子