宇宙の美しい眺めを見たいならうってつけだ。2019年5月の宇宙の画像から、特に荘厳な作品を厳選してお届けする。

 ハッブル宇宙望遠鏡ははるか遠くの銀河の見事な姿をとらえ、スペースXのロケットは空を疾走した。赤い惑星の探査機は、未来の火星探査車が拠点にする場所を観測し、現役の探査車を代表するキュリオシティは画像をつなぎ合わせた“自撮り”をしてみせた。もっと地球に近いところでは、国際宇宙ステーションのクルーが満月の輝きに見とれたほか、名高いチェリストのヨーヨー・マ氏がヨーロッパ南天天文台を訪れ、星空の下で演奏会を開いている。(参考記事:「20億年前の火星に大河? 火星史の見直し迫る発見」

おすすめの書籍

ナショナル ジオグラフィック 別冊
宇宙の真実

地図でたどる時空の旅

宇宙の今が全部わかる!太陽系の惑星から宇宙の果て、さらに別の宇宙まで、どのような構造になっているのか、なぜそのような姿をしているのかを、わかりやすく図解で解き明かす。

文=MICHAEL GRESHKO、写真編集=JENNA FITE/訳=高野夏美