• 北海道釧路市の阿寒国際ツルセンターにタンチョウが舞い降りた。赤い頭頂が特徴だ。写真=福田啓人

  • 冬の朝、20羽を超えるタンチョウがねぐらから一斉に飛び立ち、北海道鶴居村の音羽橋上空を通過した。タンチョウはツルのなかでも大型で、成鳥の全長は140センチ、翼開長は240センチにもなる。写真=福田啓人

  • 5月、釧路市丹頂鶴自然公園では、生まれて間もないひなが親鳥の体でかくれんぼ。この自然公園はタンチョウの保護増殖のために1958年に開園して以来、自然繁殖や人工繁殖に取り組み、多くのひなの成長を見守ってきた。写真=福田啓人

この写真の記事

この写真が掲載されている雑誌

ナショナル ジオグラフィック日本版
2018年6月号

特集「タンチョウ」を収録

このほか、「海に流れ出るプラスチック」「プラスチック4つの視点」「北米の消えた入植者たち」などを掲載しています。