スペインオオヤマネコは、20年前には絶滅の瀬戸際にあった。だが、スペインで進められてきた飼育下での繁殖や、人目を避ける習性のおかげで、数が回復しつつある。

文=クリスティン・デラモア(ナショナル ジオグラフィック 英語版編集部)/写真=セルヒオ・マリフアン