産業革命前の英国では、がんの発生率は1%だったと推定されてきた。だが新しい考古学的研究によると、実際はその10倍もあった可能性がある。

文=ERIN BLAKEMORE/訳=桜木敬子