南スーダンでは2013年以来、断続的に内戦が続き、約250万人が難民となった。難民キャンプに暮らす女性たちの中には、仮設テントに住むのではなく、自らの手で家を建てる人が増えている。

文=Denise Hruby/写真=Hannah Reyes Morales/訳=ルーバー荒井ハンナ