東アフリカを襲うバッタの増殖が止まらない。巨大な群れが作物を食べ尽くすことによる深刻な食料不安が予測される中、作物の生育期を迎えたケニアでは地元住民も協力し殺虫剤の散布を試みている。しかし、1日に130キロ移動することもある大群を見つけるのは容易ではない。

文=HALEY COHEN GILLILAND/写真=DAVID CHANCELLOR/訳=米井香織