• スイス、チューリヒ
    チューリヒ動物園では、2013年、園内にあるマソアラ熱帯雨林の10周年を記念して、木のてっぺんまで上れる階段を設けた。来園者はここに暮らす生き物を見つけ、自らもジャングルの一部になったかのように感じることができる。2本の鋼鉄製のタワーから成り、いずれもつる植物や着生植物で覆われている。大きい方のタワーの中央には、カポックの木が育っている。(PHOTOGRAPH BY DOMINIK GEHL, NATIONAL GEOGRAPHIC YOUR SHOT)

「階段」と聞いて、何を思い浮かべるだろう?

 上るのが大変だなあと思うくらいで、日常生活で気にかけることは少ないかもしれない。

 だが、階段は建築の中でも最古の創作の一つであり、その起源は3000~4000年前にさかのぼる。古代の階段は、起伏の多い地形を越えていく戦略上の道となり、地上と天を結んでいると信じる人たちもいた。

 また、昔から芸術家やデザイナーたちは、階段を単なる機能的なものを超えた存在へと変貌させてきた。空へと上るらせん、大胆な設計、古典的な装飾によって、階段は人目を引くシンボルや印象的な芸術作品になり、それ自体が観光の目的にもなったものもある。

 ナショナル ジオグラフィックの写真コミュニティー「Your Shot(英語サイト)」のメンバーたちが、世界各地の階段の感動的な美しさを写真に収めてくれた。あなたもコミュニティーに加わり、思い入れのある場所の写真をシェアしてほしい。

文=Starlight Williams/訳=高野夏美

おすすめ書籍

ビジュアルストーリー 世界の秘密都市

秘境の宗教都市、旧ソ連の軍事都市、米軍の秘密基地、巨大な核シェルター、極北の地下倉庫など世界の秘密都市を美しい写真で紹介。