• イタリア、ベネチア
    アドリア海のラグーンに浮かぶ100以上の小島で構成されるベネチア。ゴンドラに乗って探索するのがおすすめだ。(PHOTOGRAPH BY SCOTT S. WARREN, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE)

  • ハンガリー、ブダペスト
    ドナウ川によって二分されるブダペストの街。写真は世界で3番目に大きい国会議事堂で、対岸にはブダ城がある。(PHOTOGRAPH BY CHRISTOPHER HILL, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE)

  • オーストリア、ウィーン
    かつて帝都だったウィーン。街にはバロック様式の建造物があふれている。(PHOTOGRAPH BY LUCAS VALLECILLOS, VWPICS, REDUX)

  • イタリア、ローマ
    古代遺跡、畏怖の念を抱かせる芸術作品、にぎやかな通り。ローマは世界で最も旅行者が多い都市のひとつだ。(PHOTOGRAPH BY DAVE YODER, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE)

  • コソボ、プリズレン
    コソボの文化の中心地。シャール山地の斜面に、オスマン帝国時代の建造物が残っている。(PHOTOGRAPH BY MIMOZA GASHI, EYEEM, GETTY)

  • 英国ロンドン
    世界で最も旅行者が多い都市のひとつ。国会議事堂、ウェストミンスター寺院、時計台ビッグ・ベンなど、見どころ満載の街だ。(PHOTOGRAPH BY JEFF MAURITZEN, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE)

  • デンマーク、コペンハーゲン
    コペンハーゲンの歴史地区フレズレクステーゼンには、18世紀に建てられたロココ様式の建造物が並ぶ。冬の王宮であるアマリエンボー宮殿もある。(PHOTOGRAPH BY STEPHEN ST. JOHN)

  • チェコ、プラハ
    プラハは「百塔の街」の異名を持つ。有名な旧市街広場では、バロック様式のカラフルな建物やゴシック様式の教会、中世の天文時計を一度に楽しむことができる。(PHOTOGRAPH BY PHIL SCHERMEISTER, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE)

  • スロバキア、ブラチスラバ
    9世紀に建造され、18世紀に改装されたブラチスラバ城。眼下をドナウ川が流れ、その河岸にはパステルカラーの旧市街が広がる。(PHOTOGRAPH BY TOMA BABOVIC, LAIF, REDUX)

  • スウェーデン、ストックホルム
    スウェーデンの首都には、13世紀につくられた旧市街がある。中世の旧市街が残る都市はほかにもあるが、その保存状態はヨーロッパ屈指だ。(PHOTOGRAPH BY JONATHAN IRISH, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE)