• 1979年のガラパゴス海嶺への潜航後、潜水艇アルビンから姿を現すロバート・バラード。彼が深海を視覚的に観察することにこだわったおかげで、科学的にも歴史的にも重要な発見がもたらされた。(PHOTOGRAPH BY SAMUEL W. MATTHEWS)

  • 1985年に北大西洋の海底でタイタニック号を発見したとき、バラードたちは最初にボイラー、続いてさび付いた船首を含む残りの部分を見つけた。(PHOTOGRAPH BY EMORY KRISTOF)

  • バラードの乗り込んだ潜水艇アルビンが、鉱物を大量に含む黒い熱水を噴き出すブラックスモーカーの周りから堆積物を採取しようとアームを伸ばす。1979年にバラードと同僚たちが熱水噴出孔とその周辺に息づく生き物を発見したことで、海洋学に革命がもたらされた。(PHOTOGRAPH BY AL GIDDINGS)

  • さまざまな調査船で海洋を探査した後、バラードは自分の船を手に入れ、『海底二万哩』にちなんでノーチラス号と名づけた。その船の司令室で、アメリア・イアハートの飛行機の痕跡を捜す2機の潜水艇から送られてくる画像に目を凝らすバラード。(PHOTOGRAPH BY GABRIEL SCARLETT)

  • 妹のナンシー・アンや兄のリチャードと一緒に写る少年バラード(右)。『海底二万哩』のネモ船長のようになりたいと夢見ながら、南カリフォルニアの海辺で育った。(PHOTOGRAPH COURTESY ROBERT BALLARD)

ここから先は、「ナショナル ジオグラフィック日本版」の定期購読者(月ぎめ/年間のみ、ご利用いただけます。

定期購読者(月ぎめ/年間)であれば、

  • 1 最新号に加えて2013年3月号以降のバックナンバーをいつでも読める
  • 2ナショジオ日本版サイトの
    限定記事を、すべて読める

おすすめ関連書籍

2021年5月号

私たちが知らないクジラの世界/地球は海の惑星/サンゴ礁に美しい未来を/地中海に潜り続けた28日/深海の謎に挑む探求者

5月号は「海の世界」を総力特集。独自の方言や習性をもつ集団がいることが最新の研究で分かってきたクジラ。「私たちが知らないクジラの世界」で詳しくレポートします。ほか、地図やグラフィックで世界の海が一目でわかる「地球は海の惑星」、タイタニック号を見つけたロバート・バラードの半生を描く「深海の謎に挑む探求者」など、特別編集号でお届けします。

定価:1,210円(税込)