多くの緊急支援と有効なワクチン接種にも関わらず、コンゴ民主共和国のエボラウイルス感染拡大は止まる気配がない。背景には住民の不信感がある。

文= Nadia Drake/訳=桜木敬子