数世紀にわたり海で生活してきた東南アジアのバジャウ族の人々は、自然選択の結果、遺伝的に潜水に適した体になったと考えられる。

文=Sarah Gibbens/訳=三枝小夜子