1775年4月19日、米国独立戦争の引き金となったレキシントン・コンコードの戦いが勃発した。「自由を、さもなくば死を」に象徴される深まる英国との対立から前夜の「真夜中の疾駆」、詩人ラルフ・ウォルドー・エマーソンが「世界にとどろいた銃声」と呼んだ戦いの火ぶたまでを振り返る。

文=K. M. KOSTYAL/訳=ルーバー荒井ハンナ